NEWS

簡単だけど難しい「線対称」のスタートアップに

「線対称」は多くの学校が図形感覚の問題として採用しています。
それは、線対称は「鏡」や「図形合成」、「四方感覚」等、図形問題や空間把握に対しての基礎問題として扱われているといっても過言ではないからです。

一見、大人が見ると簡単とも思えるその問題は、深堀するととても難しく、大人でも間違える事がある単元です。

スタートアップとしては「折り紙」を上手く使いながら、「折って、切って、開いたらどうなるか」を実物から認識し、スムーズな理解へと結び付けてください!